離婚で持ち家の処分する場合

MENU

離婚した!持ち家の処分は?

 

持ち家を売却されるときには、それぞれ様々な理由があるものですが、その中でも案外多いのが離婚に伴う売却です。なぜ離婚をすると家を売るの?と思われるかもしれませんが、これには財産分与などが大きく関わっていることが多いです。

 

また、離婚をすることによって大きく家族構成が変わることも多いので、そうなりますと大きな家に少ない人数が住むことになり、維持をすることも難しい場合もありますし、費用などの面から考えても売却して賃貸などに住み替えた方がお得だと考える人も決して少なくないのです。

 

特に離婚に伴う財産分与の場合には、もちろん持ち家のような不動産も分与の対象になりますから、これをどういう風に双方で分けるか、ということも大きな問題になります。

 

ではなぜ、最近になって離婚に伴って持ち家を売却する人が増えているのか、といいますとこれは単純に離婚する夫婦が増えているからです。特に最近では熟年離婚というケースも多々ありますから、このような場合には年齢のこともあり持ち家を維持することが難しいと考える方が多いようです。やはり一人で大きな家に住むことは孤独感をさらに増幅させる場合も多いですし、なにより掃除や補修、修繕、手入れの面から考えても大変だということでしょう。

 

また、逆に住宅を購入したいと考えている人にとっては、離婚物件というのはある意味とてもお得な物件であることが多いです。前述しましたように現金化をして分与を、と考えている場合には売り手側も早く売却したいと考えていることが多く、相場よりも若干低い金額で取引されるケースが多いようです。

 

ですから、このような物件に抵抗がない方であれば前向きに値引き交渉をしてみてもいいかもしれませんね。

 

 

売却か住み続けるか?

 

この場合、方法は3つあります。まず、1つめは、売却をしてお金にかえてしまい、分配するという方法です。これはもっともシンプルでやりやすい歩法です。離婚をしてしまう前に、持ち家の売却を不動産屋に依頼します。この場合、特別控除や軽減税率が適用される場合もありますので、しっかりと利用するようにしましょう。

 

また、売却することが出来た場合はよいのですが、出来なかった場合は、2つめの方法になります。どちらかが明け渡しをして、どちらかがそのまま住み続けるのです。片方が住み続ける場合には、やはりその分貯金を多く渡すなどの配慮が必要になりますし、そもそも貯金がなければやはり自宅は売却して現金化し、それを財産分与で半分ずつ分けるという方法を取る人も少なくはないのです。

 

専門家と良く話し合いましょう!

 

この場合、住宅ローンが残っている時は、注意するようにしましょう。よくあるのが、住宅ローンを借りた本人は夫でも、妻が連帯保証人になっている場合です。この場合、離婚をしても、この連帯保証人であるという立場はまったく変わりません。

 

離婚してもしなくても、金融機関との契約は生きつづけますし、連帯保証人として認識されつづけるためです。そのため、連帯保証人であることをやめたい場合は、他の金融機関で住宅ローンの借り換えを行うか、別の保証人をたてるかが必要になってきます。注意するようにしましょう。また、明け渡した側は別途取り分を請求することが出来ますので、しっかりと行うようにします。

 

ただし、持ち家には近所がつきものです。そのため、離婚した後、そのまま同じ場所に住み続けるということは、精神的に辛いと感じることも多いかもしれません。これは一戸建てでもマンションでも同じことです。このような事情から、売却することが出来るのであれば、売却をしてローンを全額返済し、残ったお金をそれぞれ分けるということにしましょう。その方がトラブルにならずに済みます。

 

以前あったひどい一例をあげます。奥様側が連帯保証人でしたが、一刻も早く家を出たいが為にあいまいにしたまま家を飛び出したケースがありました。その後ご主人も住み辛くなり、家は競売に掛けられて本人は自己破産しました。ある日奥様の所に届いたのは一通の内容証明。銀行から『残債の500万円を支払え!』という督促状でした。

 

賃貸にする

 

3つ目は退去して誰かに貸すという選択肢です。この場合、継続して住宅ローンをおぎなう程の家賃を取れれば良いのですが、資金的に余裕が無いのでしたらやめた方が賢明でしょう。固定資産税は火災保険等、意外と経費が掛かるのでそのあたりの注意が必要です。

 

このように、離婚の時の持ち家の処分については、色々とポイントがあります。売却すべきかどうか、しっかりと考えて判断するようにしましょう。