持ち家 家 売却 売る 賃貸 貸す

銀行が売却を認めない

銀行が売却を認めない事も

 

現在の日本経済は一番底といっても過言ではありません。国の借金は増え続け、人口は急激に減少し、高齢化社会がやって来ます。年金問題、雇用問題、社会福祉と問題は山積みです。今住宅ローンを払えない人が急増しています。払えなくなる人にはある兆候が見られます。

 

ある兆候とは、マンションなどで管理費を支払わなくなる人が住宅ローンを滞納する事が多いのです。管理費は支払わないけどローンはなんとか返済していると言う人は結構多く、実は結構危ないところが多いです。

 

 

住宅ローンを払えなくなった場合は、引っ越しを考える方が多いですが、引っ越ししたとしても今の住宅ローンと1ヶ月の支払額が変わらない場合、引っ越しても意味がありません。まずは賃貸や分譲でも安いものの市場調査をする必要があります。

 

次に自分の家がいくらで売れるのか調査しておくべきです。売却代金の方が残債より小さい場合、残った債務は支払続ける必要があります。帳消しにはなりません。この場合は今後少しずつ返していく事になります。引っ越し先や、分譲住宅を購入したとしても毎月の支払は新たに発生します。

 

問題はこの売却代金の方が残債より小さい場合には銀行が売却を認めないケースもあります。残債が残ってもきっちり払う人ばかりでなく、売却して残債を払わずに逃げ回る人もいるからです。

 

また万が一銀行が納得して上手くいったとしても、残債の支払いは続きます。生活の中で月に5000円ずつでも支払って行くことになります。家を売却した時点で保証会社が債務者に代わり、残りの債務を銀行に支払っているからです。

 

ですので銀行は困ることは何一つないことになります。銀行はローンを組む時に保証人や保証会社をたてているからです。どうしても払えない場合は保証会社も借金を圧縮してくれるところもあります。いつまでも払えない人の管理はしていられないので払える範囲に圧縮する場合があります。

 

保証協会扱いなったら競売手続きに

 


通常は融資の際には保証人を立てるのが一般的でした。しかし近年では保証人の代わりに保証協会にお金を払って保証人の代わりになって貰います。保証協会が保証人の代わりになっても保証協会が残債を支払って終わりではなく、一時的に肩代わりするだけで保証協会から督促がきます。

 

ですので、取立てが銀行になるのか保証協会になるのか?だけのような感じを受けるかもしれません。でもそうなってしまった場合、たいていは自宅が差押えられてしまいます。では、なぜ住宅ローンが払えない場合に、差押えが起こるのでしょうか。

 

そのカギは、「抵当権」と呼ばれるものにあります。抵当権とは、銀行など他人からお金を借りるときに不動産に設定する担保権のこと。ローンが払えない場合、その不動産を売却して得られた代金で返済を受けることができる権利が抵当権なのです。

 

質屋の場合は、ある品物と引き換えに。友人や知人からの場合も、信頼や信用といったものと引き換えにお金を借りることになります。抵当権は品物では無く、動産に権利をつけてその代わりにお金が借りられるのが特徴です。

 

 

住宅ローンの場合、家に住み続けたままお金が借りられる(=ローンを組める)というわけです。なので、この抵当権がマイホームに対して設定されている場合、支払いが滞ってしまったらその家は差押えられ強制的に売却されてしまうのです。

 

住宅ローンの滞納は、自分だけではなく保証人にも迷惑がかかってしまうもの。万が一、払えない状況になりそう場合は、早めに専門家に相談するのが良いでしょう。

トップへ戻る