持ち家 家 売却 売る 賃貸 貸す

競売と差押えについて

差押えと競売について

 

住宅ローンが払えない場合、ローン会社や保証協会などが裁判所に競売を申し立てることがあります。その不動産は競売を掛けて物件を売り払い、貸した住宅ローンの返済に充てるために、競売にかけられることが一般的です。

 

住宅ローンの支払いができない、支払えないと思った時には、すぐにまずは貸してくれている金融機関に相談に行くべきです。大抵の銀行の支店にはこうした住宅ローンの相談窓口が設けられていますので、そこで払えない理由があるのであればそれを伝えて、何か方法がないかどうかを相談しましょう。

 

場合によっては返済期間は長くなりますが、毎月の支払金額を減らすなどの対応を考えてくれる場合もあります。一番良くないのは何もせずに住宅ローンの支払いをしない、結果的に差し押さえを受けて競売にかけられるという流れが住宅を失う羽目になります。

 

もし月々の給料が一時的にしろ減った程度の問題であれば、住宅ローンの毎月の返済額を多少少なくしてもらえれば対応ができる可能性があるなどの場合には、金融機関もその金融機関内で検討はするでしょうが、先述のように柔軟に対応をしてもらえる可能性はあります。

 

払えない見込みがある場合には一刻も早く貸してくれた金融機関の窓口に行くことが大切です。相談をしているということも含めて、今後の他の対応策を考えてくれる可能性もあります。競売にかけた場合は売却金額以外の借金は残り、金融機関側も手間がかかるというデメリットがあります。

 

徐々に手続きを踏んできます

 

住宅ローンを組んで毎月一定額を返済するようになっているのに、何らかの事情で支払えない場合には、支払うように督促がなされます。その後督促などに応じなければ、最終的に競売を掛けられて最終的に退去という形になります。住宅ローンのみの未払いで強制執行のような事態になるのは余程の事がない限り大丈夫でしょう。

 

よく差押えや強制執行という言葉を耳にしますが、住宅ローンが払えない場合の差押えとは、住宅ローンとは別に債権があり、抵当権をつけていない債権者が回収を目的として不動産に差押えを掛けてくるケースが考えれれます。強制執行とはその住宅など強制的に没収されるような事です。

 

ですので住宅ローンの他に債権がある場合はそちらの債権者が差押えから強制執行を起こすケースは考えられます。いずれにしても、早い段階で専門家に相談することが大切です。

 

住宅ローンが支払えない、今後も支払える見込みがないのであれば、任意売却と言って売却手続きを取ってその残りの残債を支払っていくという対応もできますが、差し押さえなどを受けてしまうと以後の選択肢が少なくなってきますので、これは極力避けるほうが良いのは言うまでもありません。

 

もし、住宅ローン以外の理由で借金があってどうにも返済ができない場合には法的整理ができる可能性もありますから、とにかく早めに方法を考えましょう。個人民事再生などの方法であれば住宅を手放すことなく生活を送ることも可能な方法もあります。

 

住宅ローンを支払い続けることは必要ですが、それでも家を手放すことなく他の借金を整理して生活再建に向けた取り組みを行える可能性もありますから、こちらも専門家に相談することが大切となります。

 

トップへ戻る