持ち家を賃貸する場合

持ち家やマンションを貸すメリットは、家賃収入を得ることが出来ることと、比較的、売却と比べれば借り手がみつかりやすいということです。転勤などで急いでいる場合などはとてもよいです。

 

持ち家やマンションを賃貸にしておけば家賃収入になるので、固定資産として自分の持ち物になります。ローンがある場合でも相殺できるのならば、それでも良いかもしれません。手に入れた物をおいそれと手放し無くないと言うのが人間の心理でしょう。

 

都心部であるならば、いずれ転勤から戻ってくれば、新たに住みだす事も可能ですし、いざという時は売却すれば現金化できるかもしれません。

 

物件によってどちらが良いかを考えましょう!

 

持ち家やマンションを賃貸にするデメリットは、資金を手にする事が出来ないことと、住宅ローンが残っている場合は金融機関の担保になっているため、金融機関の許可が必要になることです。また、こまめな修理や修繕費も必要になってきますし、固定資産税も払わなければいけません。しかし、持ち家やマンションを手放す必要はなくなります。

 

住宅ローンが残っている住宅やマンションを賃貸する場合は、家賃がローンと同額であるか、ローンより高いことが条件になります。そうでなければ今住んでいる所の家賃と、賃貸している持ち家やマンションのローンも払うので、とても大変になってしまうためです。

 

他にも、持ち家やマンションを賃貸にする場合、常に入居者がいる時は良いのですが、空室になる場合もあります。通常では不動産屋による家賃保証などは無く、空室の時は収入はありません。一括借上げのような制度は、初めから一括借上げ目的の物件で、尚且つ新築時からでなければ保障が無いようなケースが多いです。

 

資金的に余裕があるのならば、賃貸で貸す方が良いでしょう。賃貸でお考えならば何社に見積もりをお願いして一番良い不動産会社にお世話になりましょう。

トップへ戻る